印刷ページ

name1のストラップの印刷方法は、二種類あります。

ポリエステル袋紐とナイロン平紐には、

エッジの効いたシルク印刷

メリット

紐の上にインクをのせて印刷する方法
なので 印刷した文字やロゴに立体感
があり、特に紐自体に光沢がある
ナイロン平紐に印刷すると文字が
浮かび上がったような立体感があり、
非常にキレイです。

 

デメリット

印刷方法が染めではなく、紐の上に
印刷する為、弊社の印刷職人が
その日の気温・湿度を考慮し、
密着力を高めたインクの配合で印刷
しても 紐の上にインクがのっている
状態なので、摩擦等で使っていくうちに
印刷が剥がれてきてしまう。

特殊防汚加工を施したポリエステル平紐には

フルカラー昇華転写印刷

メリット

ベースとなるポリエステル平紐は
元は真っ白な紐になります。

その白い紐を染めて印刷する方法なので
ヒモの表面にインクの凹凸ができず、
摩擦等で印刷が剥がれるという
不安なく使う事ができます。

また、元が白い紐なので
表面だけの印刷ですと裏面が白のままに
なり見栄えが良くありませんので、
弊社では、標準で両面印刷を採用して
おります。
もちろん、裏表のデザインを
変えてお作りする事も可能!  

 

デメリット

印刷方法が、染めになりますので
シルク印刷ほど文字の輪郭が
くっきりしないのと
インクが上にのらないので
文字自体の立体感はない。    

デメリット

印刷方法が染めではなく、紐の上に
印刷する為、弊社の印刷職人が
その日の気温・湿度を考慮し、
密着力を高めたインクの配合で印刷
しても 紐の上にインクがのっている
状態なので、摩擦等で使っていくうちに
印刷が剥がれてきてしまう。

デメリット

印刷方法が、染めになりますので
シルク印刷ほど文字の輪郭が
くっきりしないのと
インクが上にのらないので
文字自体の立体感はない。